体内環境を整える〜必要な栄養素を手に入れろ〜

目を気遣う

アントシアニンが目に良いのが分かった流れについて

現在では目に良いという事でアントシアニンのサプリメントが人気となっていますが、どうやって目に良いという事が分かったのかという事についてお話しします。 アントシアニンはブルーベリーに含まれている事で有名ですが、ブルーベリーが目に良いのではないかという話が、第二次大戦中に出てきたのがきっかけとなっています。当時のイギリス空軍のパイロットの一人が目が非常に良かったのですが、その原因が日頃食べていたブルーベリージャムが原因なのではないかという話が出ました。その当時は単なる推測で終わったのですが、その後、1960年代から70年代にかけて研究が行われ、その研究の中でブルーベリーの中に含まれているアントシアニンが目に良いという事が分かったのです。

目を酷使する環境の人が増えている事から

昔はコンピュータなどなかったためにそこまで目を酷使している人は少なかったですが、今ではパソコンやスマホなどの画面を長時間見る人も多く、生活をする上では手放す事が出来ないアイテムの一つとなっています。また、最近では健康について考える人が増えており、何かしらサプリメントなどの健康食品を常日頃から利用しているという人の割合が増えてきています。 これらの事を合わせて考えると、アントシアニンのサプリメントは日頃から目に負担をかけている人にとってはとても役立ち、コンピュータの生活する上での重要性がどんどん高まっているので、それに合わせてアントシアニンのサプリメントの需要も高まっていくのではないかと思われます。